成人式の写真を撮る時に写真館やフォトスタジオを選ぶ時って、どうしても人気があるところを選びがちですよね。ですが、人気があるイコール良い写真館というわけではないんです。人気がある写真館だと、かなり混んでいて、いつ撮れるかわかりません。成人式がおこなわれる1月は完全に混むので、12月に撮ろうと考えている人もいるかもしれませんが、12月もかなり混むんです。考えていることは、やはり皆も同じなので、12月に入る前に写真館に問い合わせて、混まない日を聞いておくということも大切です。そして、どうしても写真を撮る時には、着物の色や柄を気にしがちですが、実はそれよりも気にしなくてはいけないのが、背景なんです。


どれだけ綺麗な着物でも、背景が合っていなくては意味がありません。着物の色が濃い場合は、上品な白の方が生えますが、パステルカラーなど淡い色の場合は、濃いめの色の方が全体的にはっきりと見えます。
そして、小物を効果的に使うこともポイントです。もちろん、写真館やフォトスタジオでも貸してはくれますが、自分好みのものがあるかはわかりません。全身を小柄でスッキリ見せたい時には、和傘も効果的ですが、顔が小さな人の場合は、和傘を差すと、注目が和傘の方に向いてしまうんです。そんな時には、ちょっとレトロな洋風傘もおすすめです。フリルやレースがついているものもあり、全体をフワッと優しく見せてくれます。また、和風のバッグを効果的に使うという手もあります。


写真を撮る時に、ポーズをとってと言われるのですが、意外にも難しいんですよね。でも、バッグがあることで、ポーズにも困りません。
成人式の写真は、人生のなかでも特別な1枚になります。綺麗に撮ってもらうためには、メイクや髪型にこだわるのは当然なのですが、背景や小物にもこだわりを持つことが大切です。もし、写真館やフォトスタジオで納得のいく背景や小物だったら、遠慮なく自分の意見を伝えることも大切です。私も、自分の納得がいくまで話し合って決めました。